VOYAGER

旅と絵とパンの物語

月桃の花が初めて咲きました!

長く育ててきた沖縄の木、月桃

ことしは、6月だというのに梅雨明けした、

その天候のお陰か、初めての花が咲きました!


f:id:ginyushijin:20180630152626j:image

 

桃の色の丸いものはつぼみで、開くとオレンジ色の花。

あまいかおり。

咲いてくれてありがとう。

やっぱり何かいいことの兆し・・・

 

猫のおでき  (続き)

お腹にできものができている老猫。

水を抜いても抜いてもすぐにパンパンに溜まる。

2回、お医者で抜き、3回、うちで抜いた。

今朝も。水を抜くとぺっしゃんこになる。

怒らない。私を信用して委ねている。

膿も血も出ない。リンパ液だけ。

痛くないみたい。

なんとか水の溜まる原因を取り除けないのかなぁ・・・

ABCクッキングスタジオに行きましたよ

今朝、同居のMちゃんがフランスへ旅立ちました。10日間の旅で、主に南フランスへ行ってくるそうです。気に入ったらワーキングホリデーを目指すそうで・・・23才、未来は可能性がいっぱいですねー!

プロバンス、私も遊びに行くねー!

三岸節子の住んだ土地。

 

去年の今頃は、私は旅へのワクワクで、日々準備をしていましたっけー

早いなー一年が・・・

 

きょうは澁谷へ行ってきました。クッキングスクールのレッスン、断りきれずに二回だけのコースで入会。ぼんやりしてたら入会から2ヶ月が過ぎてしまい、もうちょっとで無効になるところだったわー

便利で素敵なスタジオ、完成されたシステム、若くてかわいい講師のお姉さんたち、おしゃれなレシピ・・・お高いのも仕方ないかな。

澁谷は若者がいっぱい。川のように流れる人混み、

ぜんぜんワクワクしないこの感じ、私も歳かね?

 

もう一人の同居の姪は、引越し中。何回かに分けて荷物を運ぶようで、まだ半分残ってる。

若い人たちは人生の節目を過ごしてる。

私も実は節目かもしれない。

絵本の絵を引き受けたり、昔描いた絵をとあるイベントのチラシに採用していただいたり。

この夏は絵を描く!

高血圧と糖質制限

パン教室主催のコンサートも無事終わり(大変でしたが楽しかったです!)

来てくださった150人の皆様に心から感謝いたします。

提供したパンはおきに召していただけたでしょうか・・・30分間だけのカフェ、皆様のご協力でスムーズに運びました。感謝。

力を出しきった感じで、

二日間、空の巣症候群みたいになってしまいましたが、またパン教室が始まり、日常が戻ってきました。

 

 

さて、わたしは高血圧のお薬を持参して旅をしてきましたが、

[http://ginyushijin.hatenablog.com/entry/2018/05/19/


やはりなんとか薬に頼るのをやめたいと、イロイロ調べた結果、荒木式食事療法というものを知りました。

糖質を控えること、お肉を食べること、とくにビタミンB12が血管を丈夫にする、

そんな感じの、要するに炭水化物をとらない療法です。

やってみた結果、

二ヶ月、降圧剤を飲んでいません。
飲まないと170くらいになっていたのですが、糖質の摂りすぎを改善してから、飲まなくても大丈夫になりました!
きょうは135/77くらいです。

糖質を減らすかわりに、お肉類、レバーなどを努めてとるようにしています。


詳しくはDVD などを買うように書いていますが、高いのでそこまではやっていませんが、
糖質、つまり炭水化物や砂糖を減らすと、体重も減り、それと共にほんとに血圧が下がったのです。
毎日計っていますが、何だかいい感じなんです。

荒木先生が言うには、人間は歯の作りも胃の作りも肉食動物に似ていて、穀類ばかり食べるのは間違っている、らしいです。

糖質制限については、危険という警告もされてますが・・・

小腹を満たすために気軽に食べていたおにぎりやラーメンやパンやおうどんをやめました。
それだけでも効果あり。

一度飲み始めたらやめてはいけないという降圧剤、
でもわたしは薬がなければ活きていけない身体になる自分がどうしても許せないのです。
心臓に手を当てて、ありがとうと言いながら、67年夜も昼も血を前身におくりだし続けてくれていることに感謝して、これからもほど好い強さでお願いします、と頼んでいます。

まぁ、でも薬飲んでる人に辞めろとは言えません。わたしだって、突然何が起こるかわからないけど、自分の責任です。
自分の責任で、自分のの判断で。

あと、緊張したらすぐに血圧は上がります。
ストレス貯めたらダメです!

何がおきても、ツイテル!ありがとう!
口から出す言葉はいつもそれ。心は上機嫌。
これは頭で知っててもだめです。やらないと。
あまりにも簡単すぎてバカにされそうなこのおまじない、
一円もかからないけど、効果は絶大です。

 

将来の不安は持たないこと。

今日一日の、いまこの時を、いつも感謝して味わいたいです。

リトアニアからのお客さま

夏の旅で三泊させていただいたリトアニアの方から、今度友だちが日本へ行くのでようこさんに会いたいと言ってるとのこと。

うれしいですね。

 

先日、友だちの関係でおへやを提供したのは南アフリカからの男性。ヨガのインストラクターで、ラグビープレーヤーたちにヨガを指導するために来日されたとかで。

ゆっくりおはなしできなかったけど、素敵な雰囲気の方でした。ひいおじいさん(?)がフランスからアフリカに移ったとのことで、白人でした。

来年はラグビーのワールドカップが東京であるのですね。そのときまでここにすんでいるかなー・・

 

下宿のMちゃんは5月にフィンランドのお客さまの通訳をするとのこと。

なかなかうちもインターナショナルになってきました。

 

 

ポツンと取り残された傘。

お天気回復の犠牲者。


f:id:ginyushijin:20180418144501j:image

 

ユーミンと私

 
f:id:ginyushijin:20180416181226j:image


f:id:ginyushijin:20180416181247j:image

ユーミンからの恋のうた。
松任谷由実 45周年記念アルバム

三枚、45曲入り、を買いました!

ユーミンファンのわりには全部のCDを買っていませんでしたが、今回はコンサートの先行予約つきだったので買いました。

11日発売で11日に着きました。

三枚のCDにはそれぞれテーマがあります。
DISC1 Pure Eyes 純粋さを、 捨てない。
DISC2 Urban Cowgirl “私”で、 生きてゆく。
DISC3 Mystic Journey 旅を、 やめない。

 

純粋で、私らしく、

そして、旅をやめない!比喩的にも文字通りにも。

心を込めてもっていかれるのは仕方ないですねー

彼女自身の手書き文字の忘備録ブックレットもすてき。ふーん、こんな字を書かれるのですねー

彼女が言っているように、このうたたちはタイムマシーン。
45年、つまり、わたしの22才から67才、ほぼ同世代、共に生きてきた歌声。
まぁ、いちばん激しく聴き続けたのは荒井由実時代だけどね。あの頃はレコードとテープだった。

45年、心が落ち込んだとき、寂しいとき、辛いとき、虚しいとき、わたしは彼女の歌に戻っていった・・

 

ユーミンのことを「神子」と呼んだ人もいるけど、
たしかに歌の神様がついてる、この人には、
と、わたしは思います。

 

死ぬまでに会いたい二人の人

 

松任谷由実さんと

村上春樹さん。

猫のおでき

うちのもうすぐ20才の雄猫ネムネムは、お腹にイボのようなおできができていて、痛がりもしないのでほっておいたら、だんだん大きくなってこぶみたいになってきたので、やっぱりお医者に連れていったら、水がたくさんたまってて、注射針でそれを抜いてくれた。あとにはまだ芯は残っているんだけど、もう歳だから手術でとったりしないでほっておくことに。
体重はまだ6.4キロ、歯もよく残っていて、まだまだあの世へ旅立つ様子はなし。
足腰は衰えて高いところへ跳べなくなってるけどね。
「百万回生きた猫」を読んでから、猫も何度も生まれてくると信じてるけど、ネムネムは、きっと今度は人間になって生まれてくるんじゃないかなー
どうもただの猫ではないのだよ。


f:id:ginyushijin:20180411064503j:image

 

もう一匹のチュチュは痩せてはいるけどまだまだひらりとテーブルへも上れる。でもこちらは小さい頃から尿路結石とか膀胱炎とか、病気がち。17才。


f:id:ginyushijin:20180411065734j:image

 えりまきねこ

 

老猫二匹、まだしばらくはがんばろう。