VOYAGER

旅と絵とパンの物語

海辺の駐車場にて

明けましておめでとうございます。

5時に目が覚めたので、お正月恒例の海ドライブ。
5時40分出発
東名と保土ヶ谷バイパス横横道路
朝比奈で降りて、鎌倉を通って、七里ヶ浜へ。
6時50分
日の出に間に合いました。

f:id:ginyushijin:20180103080605j:plain


そして、なんときょうは満月だったのでした。
富士山と、沈む満月

f:id:ginyushijin:20180103080504j:plain


海と富士山と日の出と月の入り、全部見ました!
だからどうだというわけではありませんが・・おみくじが大吉でした、くらいの感じですね。

道路が混まないうちに帰りましょう。

f:id:ginyushijin:20180103081557j:plain

2017年の最後の日。今年もありがとうございました

2017年大晦日、朝9時すぎ
コーチャンフォードトールに来ました。

29日は溜まった家計簿とパン教室の会計。夜、来客。
きのう30日は換気扇の掃除。夜、来客。
きょうは床のワックスかけと、年賀状を出すよてい。
忙しいとよけいゆったりしたくなる。

 

朝、メールボックスを開いたら、フェイスブックからのお知らせで、ある人からの友だちリクエスト。
それは、30年前、同じマンションに住んでいたY・Gさん。九州にすんでいて、すっかりご無沙汰していた方。すてきな方で、私と同じくらいの歳の子どもがいました。
懐かしく嬉しく、今年の最後の日が輝きました。


今年最後のカフェタイム

今年はいいことたくさんあった

よくないことも少しあったけどね・・忘れる


来年の計画を書き出してみよう。
★3月で保育園をやめる?(?をつけるところが我ながらずるい)
★会社を作る?

★英語・・DMM英会話?
★そのあと、もう一度ハワイへいく。今度はちゃんといろいろ準備して。

 

あと、決まっていることは、5月にパン教室の主催で娘のコンサートを近所のホールで開くこと。お客様を二百人きていただくのが目標。何せ客席四百のホールだからね。

ハワイでの展覧会にしろ、パン教室主催のコンサートにしろ、私がやらなければならないこと。
お皿洗いと洗濯と掃除に明け暮れる(これ、ほんとなんです)保育園のお仕事は、申し訳ないけどどなたかに代わっていただこう。目の前の仕事を心を込めてやる、そういいきかせてがんばってきたけど、そろそろ自分にもういいよと言ってあげてもいいかな。でもこう思いつづけて何年もたってるからな・・ぶつぶつ

 

この星は行動の星。斎藤一人さんの口ぐせ。

 

さてさてまずは年賀状。



 

クリスマス絵皿、フォトのこと


f:id:ginyushijin:20171225000659j:image

 

子供たちが小さい頃、家族やお友だちとのクリスマスのパーティーのときに使った十枚のお皿。夫(元ね)のお姉さんがプレゼントしてくれたものです。何年間もしまいっぱなしだったけど、今年は使いました。このお皿で、みんなでクリスマスケーキを最後に食べたのは、いつのことだろう・・

今年ははパン教室で活躍してくれました。

また来年まで棚の奥へ。

 

 

ここまで書いて2日かたちました。

きょうで今年のパンの教室もおしまい。

保育園もあと2日。

忙しかったー。

きのう、やっとリトアニアでお世話になったご夫妻にクリスマスカードを送りました。写真も何枚かプリントして入れました。


f:id:ginyushijin:20171226193812j:image

 

エアメールのための切手は190円。

ちゃんとお正月までに届くかなー

 

ひさしぶりに旅の写真を見て、しばし思い出に浸っちゃいましたー

 

ところですごい数の写真をどうしたらいいのかなープリントした方がいいのかなー

フォトには2014年5月から7000枚の写真が保存されてます・・・

クリスマスマーケットの思い出

日曜日、横浜のみなとみらいホールでコンサートを聴き、そのあと赤レンガ倉庫でのクリスマスマーケット(らしきもの)に行ってきました。若いお友だちと。

規模はミニですが、楽しかった・・グリューワインも飲みました。

 


f:id:ginyushijin:20171212082554j:image

 


f:id:ginyushijin:20171212082621j:image

 

三年前の思出話。

あの頃は週に5日、保育園併設の学童保育担当でめちゃくちゃハードな日々でした。

そのときも相当思いきって、その仕事を休んで、ドイツのクリスマスマーケットを楽しむツァーに参加しました。

猫を下宿のKさんに頼んで。

ヨーロッパ、とりわけドイツ語圏では、この季節、どこの町でも、広場に食べ物やクリスマスの小物や民芸品の屋台がぎっしりと並びます。移動メリーゴーランドもあります。細工の施されたクリスマスタワー、イエスさまの産まれた夜の聖家族の等身大の人形、夜になるとあかりが灯り、ソーセージや、暖かいグリューワインのスパイスの香り。

中世のころから、この時期、秋の収穫や手仕事の小物を売る市場が開かれていたそうです。

はじめにベルリン、次にライプツィヒドレスデン、最後にチェコプラハ、4つの町を回りました。

メインは、シュトーレンのふるさと、ドレスデンの、シュトーレン祭り。12月の第一土曜日に開かれるので、その日に合わせた出発日を選びました。

巨大なシュトーレンが、馬車に引かれて旧市街をパレードします。パン屋さんたちもお店ごとにプラカードを掲げてあとを歩きます。広場に到着したら、市長さんやミスシュトーレンによってパンは小さく切り分けられてみんなに配られます。(もちろんただというわけではなく、前もってメダルを買っていた人がそれと交換にパンをもらうのですが)。ツァーのみんなもメダルをもらいました。

 


f:id:ginyushijin:20171212083005j:image

 

ライプツィヒではバッハの活躍した聖トーマス教会があったのですが、時間が短くてゆっくりとできなかったのが残念でした。グリューワインのカップを持ったまま、走ってバスに戻ったのでした。

 

プラハでは半日自由時間がありました。

チェコではグリューワインとは言わず、ただホットワインといい、カップもただの紙カップ。ドイツに比べるとまだ貧しい感じがしました。乞食をしている人も見かけました。

モルダウに架かるカレル橋の上ではグラスハープの大道芸。

串に刺されたまるごとのブタ肉が、焚き火の上をくるくる回ってこんがりと焼かれていましたっけ。

 

時計塔の上からみた広場


f:id:ginyushijin:20171212083255j:image

 

ツァーは、空港からホテル、ホテルから観光地、次の町、次の国、全部バスで連れていってくれるので、あの一人旅のような、重い荷物を引いて宿を探して道に迷ったり、バスの切符を買うのに苦労したり、次の国への移動にドキドキしたり、そういうことがゼロ。やっぱりツァーの方が断然楽です。

どちらにもそれぞれ良さがありますね。

一週間足らずの短い旅でしたが、仲良しの友人と一緒で、あの旅も私の人生のキラキラの思い出です。

 

今年もシュトーレンを百こくらい注文されています。バターが、一ポンド900円以上に値上がりしてる・・でも値上げはしないで一個1200円。

聖なるパン、楽しく焼きましょう。

 

 

これはこないだのパーティパン。



f:id:ginyushijin:20171212083412j:image

101才の画家、入江一子さん

久しぶりの更新です。

 

思った通り、日常の煩雑なルーティンに追われ、旅のブログを更新する精神状態ではなくなっています。

 

今朝、日曜美術館で、入江一子さんの番組の再放送を見ました。101才の画家です。76才で、中国の4000メートルの山に登り、青い芥子を見てきた人。今も助けを借りながら独り暮らしをして、一時間絵を描き、一時間寝る、という暮らしをして、百号以上の大きな絵を描き続けておられます。



 

このような生き方を見ると、わたしはなんて妥協的な生き方をしているのか、いま、死んだら、思い残しがたっぷりだ、と考え込んでしまいます。

 

あの日、ふと朝起きたら、旅に出よう!と決心したように、ある日朝起きたら、これまでのしがらみをすべて捨てて、ホームレスになってもいいから、絵だけ描いてみよう!と思う日が来るような気がします。

よみうりランド

快晴の三連休でした。

 

ゆうべ、恒例の、よみうりランド稲城市民無料招待期間が最終日だったので、下宿のMちゃんと出かけました。

 

夏の花火

冬のイルミネーション

みんな光るものが大好き

 


f:id:ginyushijin:20171106085248j:image

 

これから街角にクリスマスのイルミネーションが溢れる季節。ちょっぴり切ない季節。

 

先週は展覧会もあるのでパン教室はお休みでしたが、今週8日から月末まで、土曜日を除いて毎日のように教室があります。また忙しくなりますが、自分を見失わないで。

国立へお出かけされませんか?

きょうから7日まで、国立コートギャラリー(駅南口右へ線路沿いに歩くとすぐ)にて、鈴木和道個展と、その弟子たちのグループ展が開催されています。

お散歩がてらお出かけください。

11時から18時まで。

明日からはお祭りも開かれていて、賑やかそうです。