VOYAGER

旅と絵とパンの物語

お料理しました!

朝ごはん、作りました。

野菜スープ、ブイヨンとチーズとマスタード味。

f:id:ginyushijin:20170820152427j:plain

リガでかった黒パンは、フライパンで焼きました。

安かったのに、おいしいパンでした。

f:id:ginyushijin:20170820152350j:plain

やっぱり、人のお家のキッチンでは気兼ねしてお料理は卵焼きしかできなったけど、

ここは気楽でした。

ここでは調味料も揃ってて、作りやすかったです。

8月20日(木曜日)晴れ  旅21日目

おはようございます。

ヘルシンキは17°です。もっと寒い感じがします。

朝6時起床。簡素なベッドでも、7時間くらい熟睡しました。

散歩にでると、とても清々しい朝です。

すぐ近くの公園に行ってみたら、

墓地でした。

ここは土葬みたいです。

日本の墓石に似ています。

ワルシャワの時とか、ウィーンのときとかとちがって、ちょっと入りたくない感じ。

f:id:ginyushijin:20170820142839j:plain

木に挟まれたお墓

f:id:ginyushijin:20170820142858j:plain

お墓のそばには必ず教会があります。

f:id:ginyushijin:20170820142947j:plain

もどっても、 カナダ人の女子大生は、スースー寝てて、起きそうにないので、

がさがさするのも悪いので、さっさと荷物を持って部屋を出ました。

もう絶対に会うことのない彼女。

ゆうべはたくさんお話ししてくれて、

(半分しかわからなかったけど)

楽しかったです。

小さいお雛様のストラップ(日本でいただいてきたおみやげ用)を置いてきました。

ちゃんとトイレの蓋を閉めるお行儀のいい子でした。

きょうはとてもいいお天気なので、

観光遊覧船に乗ってみようかな・・

45分    12ユーロ 1.5時間  23ユーロ

迷う。

(日本語のオーディオガイドは45分の方にはないんですよねー) 

今いる場所はホステルのAエリアの入口のベンチです。

(人のいるところが入口)

f:id:ginyushijin:20170820144331j:plain

不思議な夜

ホステルのルームメイトはカナダ人のかわいい女の子でした。

東京から来たというと、クール!だって。

少し散歩して、

夕食は共同キッチンで作りました。ラーメンだけど。

食べ物、自由に使っていいって書いてるから、 にんじんをもらいました。

f:id:ginyushijin:20170820041359j:plain

お皿ばかりでお椀がないので、計量カップで食べましたー。

f:id:ginyushijin:20170820041448j:plain

食べてたら、インド人風の青年に話し掛けられて、何でも漫画の「なると」がすきで、日本語を毎日少し勉強してるとか。そういうアプリがあるんですね。

キッチンはとても賑わってました。

さあ、寝ましょうかね。 カナダの女の子は何か書いてます。

ヘルシンキ、ホステルアカデミア

フェリーターミナルから、地図を頼りに四番と八番のトラムを乗り継いで、(電車のなかで一日チケットを8ユーロで買いました。なければ乗るたびに2.5ユーロ要ります)ようやく宿につきました。 たくさんの旅行者が利用してる大きなところです。

建物も何棟もあって、わたしの部屋はフロントから出て、2分程歩きました。

相部屋、ドミトリーっていうの、生まれて初めての体験です!

(もちろん、この部屋は女子専用です)

殺風景な部屋です。 ベッドが二つ、

こっちがわたしのほう。

f:id:ginyushijin:20170819211015j:plain

f:id:ginyushijin:20170819210950j:plain

もう一つのベッドの人はお留守。

フロントのあるところに共用のキッチンがあります

f:id:ginyushijin:20170819211059j:plain

でも、部屋にもキッチンや冷蔵庫

トイレもシャワールームも、部屋に付いてます。

f:id:ginyushijin:20170819211842j:plain

f:id:ginyushijin:20170819211854j:plain

ふたり連れの旅なら十分ですね。

でも、きれいにされてるんだけど、

何だか殺風景過ぎて、収容所みたいです。

まぁ、2段ベッドじゃないだけマシですけど、 なんだか侘しいなー。 まぁ、トランジットの為だけの宿だから仕方ない。

値段は40ユーロ。5200円。 今までのどの宿より高いです。

やっぱりB&Bが暖かい感じでいいです。個室だし。いろんなものが飾ってあったし。

リガの寂しげなホステルでさえ、絵が飾ってあったりして、ここよりずっとよかったな。

小雨だけど、出かけて来ましょう。

せっかく一日乗車券買ったし。

ヘルシンキには旧市街というのはありません。

町中、石造りの古い建物と、新しい近代的な建物が混在しています。

エストニア・タリンから、フィンランド・ヘルシンキへの船

f:id:ginyushijin:20170819171521j:plain

f:id:ginyushijin:20170819183156j:plain

f:id:ginyushijin:20170819171522j:plain

カフエェもあります。

f:id:ginyushijin:20170819171523j:plain

みんな一回座ったら降りるまでそこにいるので、あとからカフェに座るのは無理です。

あ、灯台

f:id:ginyushijin:20170819183226j:plain

壁の写真でした。

f:id:ginyushijin:20170819183247j:plain

ヘルシンキに近づきました。 雨です。

f:id:ginyushijin:20170819183330j:plain

f:id:ginyushijin:20170819183354j:plain

f:id:ginyushijin:20170819183424j:plain

船を降りたら何の手続きもなく、出口です。

f:id:ginyushijin:20170819183503j:plain

雨と風・・・

タリンの天気とちがって、ずっと止みそうにない空です。

きのう、やっぱり予約したホステルのチェックインは午後3時。

しばらく、フェリーターミナルにいようかね。

8月19日(水曜日)晴れたり降ったり   タリンからヘルシンキへ

さよなら、タリン。

七回目の荷造り。

f:id:ginyushijin:20170819152636j:plain

朝、晴れていたので公園を散歩。

森林浴。

f:id:ginyushijin:20170819151730j:plain

王宮

f:id:ginyushijin:20170819151749j:plain

こないだ行った遊園地が木々のむこうに。

f:id:ginyushijin:20170819151834j:plain

広告塔

f:id:ginyushijin:20170819151921j:plain

ヤーンポスカさんの後ろ姿

f:id:ginyushijin:20170819151953j:plain

8時半ごろ、陽子さんとジョナサン君夫妻、それとリリーちゃんにお別れをして、タクシーを呼んでいただいてフェリーターミナルへ。

この旅二回目のタクシーだわ。

ヘルシンキへの船はターミナルA から出ます。

チェックインしてチケットをもらう。

f:id:ginyushijin:20170819152445j:plain

朝ごはんは食べてきたけど、コーヒーを飲んでます。

カフェバー

f:id:ginyushijin:20170819152531j:plain

f:id:ginyushijin:20170819152542j:plain

・ 晴れてきました。

1時間前、乗客が集まってきました。

f:id:ginyushijin:20170819153731j:plain

(出航の1時間前には来るように言われました)

エストニア4日目。ドミニコ会修道院。明日からは船の旅

きょうはお昼までゆっくりしてから、 ニコライ堂と、ドミニコ会修道院だけ行きました。

f:id:ginyushijin:20170819011228j:plain

ニコライ堂にはイコンを見に行ったのですが、撮影は不可でした。

ここには、本当のイコンもありましたが、西洋風の絵画が主に聖障に飾られていました。 やはり、完璧なロシア正教会の装飾ではないのかなー。

エストニアはずいぶんドイツ風のものがたくさんあります。

わたしの宿の住所も、Weizenbergi,ドイツ語みたいな名前です。

お土産屋さんの旦那さんはダンケシェーンと言っていましたが、あれはお客に合わせたのかも。

わたしには、オミヤゲ、って言ってました。

・ 壁のそばを通って、

f:id:ginyushijin:20170819011323j:plain

修道院の入口

f:id:ginyushijin:20170819011405j:plain

中庭も不思議な場所。魔法使いが住んでるみたい。

f:id:ginyushijin:20170819011447j:plain

修道院とは別に、右側の階段を地下に降りると、

f:id:ginyushijin:20170819120636j:plain

くらい穴蔵みたいなギャラリーがありました。

暖炉もあります。

f:id:ginyushijin:20170819120623j:plain

英語の通じないおじさんが絵を描いていました。

f:id:ginyushijin:20170819120817j:plain

中庭に出て、左側が修道院

修道院は、1200年代からあったもので、

f:id:ginyushijin:20170819010741j:plain

なかにはいると、古い建物の匂いがします。

f:id:ginyushijin:20170819011502j:plain

入口のおばさんに、2ユーロ払う。

f:id:ginyushijin:20170819010820j:plain

すごいホールがあるからはいってごらんと言っていました。

f:id:ginyushijin:20170819010831j:plain

何もない空間なんですが、何でもエネルギーの柱があるとか・・へぇ。

f:id:ginyushijin:20170819010718j:plain

ここを降りていった。

f:id:ginyushijin:20170819010642j:plain

うーん、エネルギーの柱かー

おなかが空いたし、トイレにも行きたいので、旧市街の門のそばのマックに。

f:id:ginyushijin:20170819011106j:plain

そこで、ヘルシンキからストックホルムの船の予約をする。タリンクシリヤラインという船会社で。 48.69ユーロ、6500円くらい。

19日はもう売り切れみたいだったので、20日にしました。 ストックホルムにつくのは22日の朝です。

ヘルシンキで一泊することになりました。

★★★★★★

きょうもたくさんの観光客でした。

これで、タリンの散策もおしまいです。

雨なので帰り、スーパーでさけの燻製、バナナ、ビールなど買って、おふろにはいって、これを書いてます。