VOYAGER

旅と絵とパンの物語

よみうりランド

快晴の三連休でした。

 

ゆうべ、恒例の、よみうりランド稲城市民無料招待期間が最終日だったので、下宿のMちゃんと出かけました。

 

夏の花火

冬のイルミネーション

みんな光るものが大好き

 


f:id:ginyushijin:20171106085248j:image

 

これから街角にクリスマスのイルミネーションが溢れる季節。ちょっぴり切ない季節。

 

先週は展覧会もあるのでパン教室はお休みでしたが、今週8日から月末まで、土曜日を除いて毎日のように教室があります。また忙しくなりますが、自分を見失わないで。

国立へお出かけされませんか?

きょうから7日まで、国立コートギャラリー(駅南口右へ線路沿いに歩くとすぐ)にて、鈴木和道個展と、その弟子たちのグループ展が開催されています。

お散歩がてらお出かけください。

11時から18時まで。

明日からはお祭りも開かれていて、賑やかそうです。

オリオンを横切るUFO、愛を計ることについて

長く更新しませんでしたね。

 

精神は停滞しておりました。

 

今夜は、明日のパン教室のために、夜中の1時に起きて、パンこねをしました。

2時半、仕事を終えて、フキンを干しにベランダに出ると、南天に美しいオリオン座。

これからの季節、星がきれいです。

 

あ、オリオンを斜めに横切るように点滅する白い光。

人工衛星にしては低い、

飛行機でしょう。こんな時間に日本の上空を飛ぶ飛行機があるのですかね・・

わたしは、勝手にUFOだと思うことにしました。

 

きのう読み終えた、「アミ、小さな宇宙人」(エンリケパリオス著)という本の影響です。

とても素敵な本でした。

地球に暮らす人間が、お互いを傷つけあっていることが、ほんとに恥ずかしくなるお話でした。

アミという宇宙人が、少年に自分たちの星を案内するお話です。

アミの案内によれば、

科学が進んで、愛が足りなくなると、地球の文明は滅びます。アトランティスのように。そのときに、愛の指数が700以上ある人だけが、宇宙人に助けられて、別の星で暮らせるのだそうです。

(アミと飛行船で旅した少年は、自分は愛の指数がいくつかと聞きたがりますが、アミは答えてくれません)

少年はアミに教えられたことを、本にする約束をして、地球に戻ります。

そんなお話。

 

 

この世界が滅びて楽園になる、という希望を教える宗教があります。誰が生き残るか、それはその宗教に入っている人だけが生き残るのだと教えます。

それに比べたら、愛の指数が一定以上の人が生き残ると言われた方が、私的には好きです。

ただ、そんなことを計れるのか。

神様でさえ計れないのではないか、とも思います。

 

愛の大きさを計る物差し・・

なんだろうなー

自分ではすごく愛してると思っていても、相手には伝わらないときもある。親切な行為をしても、動機が不純な時もある。

あ、そうか、母の愛とか、友への愛とか、異性への愛とか、そういうレベルではなく、地球への愛が計られるのか?

でも、環境問題を論じて地球の未来を案じながら、身近な人には優しくない人もいるからなー

 

わからないわー

 

ただ、ほんとの愛があるとき、心の中がなんかほっこり暖かい気がする。

 

こんなことを考えてるうちに、オリオン座はずいぶん西の方へ巡って行きました。

 

最近の精神の停滞から、少しは抜け出せたかな・・

さぁ、わたしは、いま、やるべきことをやりましょう。お風呂に入って歯を磨いて7時まで寝て、あしたのお仕事を、ほっこりした気持ちで楽しみます。

 

 

 

自由

 

BSのプレミアムカフェ、2003年放送の

「知られざるロシア・アヴァンギャルドの遺産」

 

 

 

ロシアのスターリンの弾圧を生き抜いた前衛絵画を収集して美術館に納め、作品を守った人、イーゴリ・サヴィツキーの番組を見ました。

 

絵を描くこと、自分の絵を描くこと、そのために強制収容所に送られたり、銃殺されたり、そんななことがあるのですねー

(だから全体主義はいやです)

今のところ日本にはそんな弾圧はありません。住みやすい時代、住みやすい国に、わたしは住んでます。

描きたい絵を描いて、権力から弾圧されることはありません。

こんなに自由なんだから

自由な絵をかけばいいのに、

どこか何かに制約を感じている。

 

自由って、追いかけても追いかけても追いつけない幻。

 

✴✴✴✴

この番組に関してはこんな記事ありました。

 

https://hayashihayashi.jimdo.com/2014/11/10/サヴィツキーのロシア-アヴァンギャルド収集/

 

秋の雨の日

ようやく、旅の細々とした書類の整理をする気になりまして、

 

アンデルセンの生家で買ったポストカード、

友人に出しました。

f:id:ginyushijin:20171017103002j:image

 

ここを訪れたのは2ヶ月も前です。

 

なぜ今まで書類の整理ができなかったんだろう・・

旅をすっかりおわらせたくなかったんだね、きっと。

 

たくさんの観光案内パンフレットは、

捨てないでしまっておきます。

アンデルセン博物館の日本語の小冊子はまだ読んでなかった。

お世話になった方へ

お礼状も出したい。とくに、カウナスのご夫婦に。(まだ出してないのかー)

クリスマスカードにしようか、と迷ってたんだよね。

 

しとしと雨がずっと続いています。

きょうはお友だちのお姑さん(私もお世話になった方)が荼毘にふされる日。

だび

たび

似てる・・

 

お棺のなかのおばあちゃまはきれいなお顔をしていました。ありがとうございました。

人は死ぬと魂に戻って、行きたいところへ瞬時に行ける体になるそうですので、重い肉体を脱いで、そちらの世界を楽しんでください❗

わたしもそんなに遠くない将来、

白い箱に乗り込んで旅に出る日が来るんだろうなー

楽しみでさえあります。

 

まぁ、その日までは、このちょっと古くなった固形の肉体で、できるだけ楽しく、毎日を生きていきたいです。

 

 

河口湖円形ホール

 

こないだの土曜日は、河口湖円形ホールでのチェンバロとヴァイオリンのコンサートへ出かけてきました。

中央道河口湖出口から、

河口湖大橋を渡っていく。

湖畔の素敵なホールでした。


f:id:ginyushijin:20171017113254j:image

 


f:id:ginyushijin:20171017113313j:image

 

 

美しいホールの、美しい楽器と娘たち、絵のようなひとこま。

 
f:id:ginyushijin:20171017113344j:image

 

 これはローランドの電子チェンバロだそうです。

 
f:id:ginyushijin:20171017113403j:image

 

ふたの裏にある絵は好きな絵にすることができるそうです。

 


f:id:ginyushijin:20171017113426j:image

 

 

✴✴✴✴

 

円形ホールのとなりには、池田あきこさんのこのはなミュージアムがありました。入らなかったけど。

ダヤンのショップだけでも十分楽しめました。

 


f:id:ginyushijin:20171017113501j:image

 

 

 併設のカフェ、オルソンさんのいちご、の、看板

f:id:ginyushijin:20171017113516j:image

 

 かわいいケーキセット
f:id:ginyushijin:20171017113541j:image

 

✴✴✴✴✴✴

 

二人のユニットの演奏会は

あと二回、荻窪の音楽喫茶ミニヨンとオペラシティの近江楽堂の二ヶ所で開かれるそうです。

猫たちのツィート


f:id:ginyushijin:20171014093712j:image

 

旅猫?ふん、たびどころか、オレたちは一生涯家から出られにゃい。出たいとはとくに思わにゃいけどにゃ。

ときどきベランダから外の世界を覗いてみるだけ。電車や車が音を立てて走っているのが見えるにゃん。

車に乗せられるのはお医者に行くときだけ。

袋に入れられてね。怖いからギャーギャーにゃいてやるんだ。いやにゃんだよ、あれ。

おうちがいちばんだにゃー

 

きょうもぬくぬくベッドで朝寝と昼寝しよっと。なゃんだか外は雨だし。

あ、ご飯、入れといてにゃん。

カリカリは固いから、柔らかくて美味しいやつたのむにゃん。としだでな。