VOYAGER

旅と絵とパンの物語

マダムキュリー博物館

キュリー夫人の生家です。

f:id:ginyushijin:20170809193732j:plain

f:id:ginyushijin:20170809193744j:plain

彼女はいつも黒いワンピース姿でした。

その昔、キュリー夫人伝を読んで感動したわたしは、しばらく黒い服ばかり着てたことがありましたっけー その服はこれだったんですね!

f:id:ginyushijin:20170809194110j:plain

2階にたくさんの資料がありました。

ラジウムが光った瞬間。

f:id:ginyushijin:20170809194510j:plain

ここにたどり着くまでに苦労の連続。

彼女の娘が書いた伝記を、26歳のわたしは読んだのですが あのときの感動、忘れてるなー

あの頃から、ワルシャワはわたしの憧れの町になったような気がします。40年前ですよ!

そんなわたしを、見ています・・

f:id:ginyushijin:20170809193101j:plain

★★★★★★★★★★★★★★★★ マダムキュリー博物館の前のカフェ 観光用の馬車が行き交います。

f:id:ginyushijin:20170809200425j:plain

チキンのランチ。 ワルシャワ最後のランチですから、公園でパンをかじるのはやめました。

f:id:ginyushijin:20170809200541j:plain

雀がわたしのテーブルにやってきました

f:id:ginyushijin:20170809201248j:plain