VOYAGER

旅と絵とパンの物語

リガ到着  複雑過ぎたチェックイン

リガは大きな都会でした。 寂しげなヴィリニュスにくらべると、にぎやかです。

駅前では市場が

f:id:ginyushijin:20170814001515j:plain

バスターミナルから、宿までは、タクシーにすればよかった・・と思うくらい歩きました。石畳でキャスターがいま壊れたらどうしようと思うくらい。

トロリーバスの乗り場の地図をもらったのに、全然わからなかったわー

嫌だったのは地下の横断通路。 スロープ無し。降りて上がって、また降りて上がって・・ 筋トレでした。

まだまだですねー、福祉は。

公共交通機関用のカード(四回分、5.5ユーロ)を買って

(これがなくてバスの中で買うと一回2ユーロ。)

やっと乗れた23番のトロリーバス、停留所たった三つ。

これがホステルのある建物。古そう。

f:id:ginyushijin:20170813235332j:plain

暗証番号ではいる

f:id:ginyushijin:20170813235355j:plain

次に

エレベーターで2階

(これがわからなくて、結局ホストさんにメールして聞きました。アパートにまだ入ってなかったわけです。ホストさんはここにはいません)

f:id:ginyushijin:20170813235446j:plain

二つあるうちの1番

f:id:ginyushijin:20170813235445j:plain

ドアが二重になってて、そのすきまに箱があり、コードを合わせると鍵が入ってる

暗くて鍵穴がわからず困る。

いちいちとどこうる。 中にはたくさん部屋があるけど、

誰もいなくてしーんとしてる。

3号室

f:id:ginyushijin:20170813235857j:plain

これまでで、1番スリリングなチェックインでした。

シャワーして(もちろんバスタブはなし) 洗濯して

ぐったり休んでます。