VOYAGER

旅と絵とパンの物語

聖オレフ教会の塔に登った

この教会は、13世紀から記録にあり、その後何回も建て直されて来たそうです。

塔の高さは124m。

最初は159mあり、世界一高い塔だと言われていたそうです。

オレフというのはこれを建てた巨人だそうで、 最後の十字架をてっぺんにつけたときに、落ちて死んでしまい、彼を忍んで、彼の名を教会の名前にしたそうです。

登るのは3ユーロ。

狭くて急な石の階段を258段。 這って登る感じ。

すれ違うのが大変です。

f:id:ginyushijin:20170816175405j:plain

絶景でした。

f:id:ginyushijin:20170816175441j:plain

f:id:ginyushijin:20170817065716j:plain

展望台をぐるりと一回り。

降りるのも怖い。

f:id:ginyushijin:20170817070651j:plain

教会のなかは

わりとすっきり。

f:id:ginyushijin:20170816175904j:plain

f:id:ginyushijin:20170817065800j:plain

散策。

壁がぐるりと残ってます。

f:id:ginyushijin:20170817065854j:plain

f:id:ginyushijin:20170817065915j:plain

f:id:ginyushijin:20170817065950j:plain

村上春樹の、壁に囲まれた町、思い出します。

それにしても、中世のままに保存されてるって、地震のないところだからこそですね。

雷で壊されることはあったらしいです。

オールドタウン、いくつ見ても飽きないです。