VOYAGER

旅と絵とパンの物語

エストニア4日目。ドミニコ会修道院。明日からは船の旅

きょうはお昼までゆっくりしてから、 ニコライ堂と、ドミニコ会修道院だけ行きました。

f:id:ginyushijin:20170819011228j:plain

ニコライ堂にはイコンを見に行ったのですが、撮影は不可でした。

ここには、本当のイコンもありましたが、西洋風の絵画が主に聖障に飾られていました。 やはり、完璧なロシア正教会の装飾ではないのかなー。

エストニアはずいぶんドイツ風のものがたくさんあります。

わたしの宿の住所も、Weizenbergi,ドイツ語みたいな名前です。

お土産屋さんの旦那さんはダンケシェーンと言っていましたが、あれはお客に合わせたのかも。

わたしには、オミヤゲ、って言ってました。

・ 壁のそばを通って、

f:id:ginyushijin:20170819011323j:plain

修道院の入口

f:id:ginyushijin:20170819011405j:plain

中庭も不思議な場所。魔法使いが住んでるみたい。

f:id:ginyushijin:20170819011447j:plain

修道院とは別に、右側の階段を地下に降りると、

f:id:ginyushijin:20170819120636j:plain

くらい穴蔵みたいなギャラリーがありました。

暖炉もあります。

f:id:ginyushijin:20170819120623j:plain

英語の通じないおじさんが絵を描いていました。

f:id:ginyushijin:20170819120817j:plain

中庭に出て、左側が修道院

修道院は、1200年代からあったもので、

f:id:ginyushijin:20170819010741j:plain

なかにはいると、古い建物の匂いがします。

f:id:ginyushijin:20170819011502j:plain

入口のおばさんに、2ユーロ払う。

f:id:ginyushijin:20170819010820j:plain

すごいホールがあるからはいってごらんと言っていました。

f:id:ginyushijin:20170819010831j:plain

何もない空間なんですが、何でもエネルギーの柱があるとか・・へぇ。

f:id:ginyushijin:20170819010718j:plain

ここを降りていった。

f:id:ginyushijin:20170819010642j:plain

うーん、エネルギーの柱かー

おなかが空いたし、トイレにも行きたいので、旧市街の門のそばのマックに。

f:id:ginyushijin:20170819011106j:plain

そこで、ヘルシンキからストックホルムの船の予約をする。タリンクシリヤラインという船会社で。 48.69ユーロ、6500円くらい。

19日はもう売り切れみたいだったので、20日にしました。 ストックホルムにつくのは22日の朝です。

ヘルシンキで一泊することになりました。

★★★★★★

きょうもたくさんの観光客でした。

これで、タリンの散策もおしまいです。

雨なので帰り、スーパーでさけの燻製、バナナ、ビールなど買って、おふろにはいって、これを書いてます。