VOYAGER

旅と絵とパンの物語

北帰行

窓は夜露に濡れて

都、すでに遠のく

北へ帰る旅人一人

涙流れてやまず

夢はむなしく消えて

きょうも闇をさすらう

遠き想い、はかなきのぞみ

恩愛 我を去りぬ

今は黙して行かん

何をまた語るべき

さらば、ふるさと、いとしの人よ

明日は何処の町か

北へ向かう夜汽車に乗っていると

だんだん、 感傷的になってきましたよ~

北帰行は小林旭の歌でヒットしましたが、

良く調べてみると旧制旅順高校の寮歌だったんですね。

さらに、

この「北帰行」ということばは、 こんな意味だそうです。

・・・・・・・・・

「北帰行」 の意味とは渡り鳥が冬越しの為に日本にいて、暖かくなった時期に北へ向かう野鳥の習性をあらわしたものと、あとで知った。つまり、生々流転する自然の生態系の世界のこと。それをなぞらえたのか。

            うざね博士のブログより

・・・・・・・・・

渡り鳥かぁ・・・・・

若葉台の駅のツバメの子供たちはもう南へ渡って行ったかな・・・・・よく太って、小さな巣にあふれてたものね。