VOYAGER

旅と絵とパンの物語

たびゆくはさびしかりけり

藤村のつぎは白秋。

ここにも浅間山が出てきます。

あのころの詩人は浅間山が好きなの?

              落 葉 松 

                                               北 原  白 秋 

 

       一 

   からまつの林を過ぎて、

   からまつをしみじみと見き。

   からまつはさびしかりけり。

   たびゆくはさびしかりけり。

       二  

   からまつの林を出でて、

   からまつの林に入りぬ。

   からまつの林に入りて、

   また細く道はつづけり。

       三 

   からまつの林の奥も

   わが通る道はありけり。

   霧雨のかかる道なり。

   山風のかよふ道なり。

       四 

   からまつの林の道は

   われのみか、ひともかよひぬ。

   ほそぼそと通ふ道なり。

   さびさびといそぐ道なり。

       五

   からまつの林を過ぎて、

   ゆゑしらず歩みひそめつ。

   からまつはさびしかりけり、

       からまつとささやきにけり。

       六

   からまつの林を出でて、

   浅間嶺にけぶり立つ見つ。

       浅間嶺にけぶり立つ見つ。

   からまつのまたそのうへに。

       七

   からまつの林の雨は

   さびしけどいよよしづけし。

   かんこ鳥鳴けるのみなる。

   からまつの濡るるのみなる。

          八 

   世の中よ、あはれなりけり。

   常なけどうれしかりけり。

   山川に山がはの音、

   からまつにからまつのかぜ。

夜汽車でこんな詩をよんでいると、

軽井沢へ行く汽車に乗っていた、青春の原点に戻ったような錯覚におちいります。

落葉松の道を歩きました。そのときも一人でした。

細い針のような落ち葉がすっかり道を覆っていました。