VOYAGER

旅と絵とパンの物語

ナルヴィクの町

丘の中腹の教会まで散歩して来ました。

町の人たちはしっかりコートを着ています

f:id:ginyushijin:20170823161606j:plain

学校も始まってますね。

f:id:ginyushijin:20170823162613j:plain

山なのか、フィヨルドなのか

f:id:ginyushijin:20170823161700j:plain

教会

f:id:ginyushijin:20170823161754j:plain

てっぺんで、天使がラッパをふいてます。

f:id:ginyushijin:20170823161900j:plain

門がステキです

f:id:ginyushijin:20170823161946j:plain

f:id:ginyushijin:20170823162006j:plain

ほんとうに非現実的に美しい町でした

f:id:ginyushijin:20170823162210j:plain

寒くて鼻水まで出てくるくらい。

このホステルの看板

f:id:ginyushijin:20170823162231j:plain

下にバーもあります。

f:id:ginyushijin:20170823162256j:plain

冷えたので、スープにチーズとハムを入れて、パンを浸して食べました。

f:id:ginyushijin:20170823162401j:plain

★★★★★★★★★★★★★★★★★

追記  8月29日

帰国四日目。

この、小さくて美しい町の記憶は、たぶん、一生消えないだろうなーと

今思っています。