VOYAGER

旅と絵とパンの物語

寝台車

知らないうちに、わたしの車両が最後尾になってました。

f:id:ginyushijin:20170824012553j:plain

線路を見るのが好きなおじさんに割ってはいって動画とか写した日本のおばさん。

親切なおじさんはいろ色お話してくれました。

この電車ははルーレオまで行く、 18〇〇(聞き取れない)年に鉄を港へ運ぶために最初にその町まで引かれた。

線路の脇に書いてる数字はストックホルムまでの距離だ、

とか言ってたような気がします。

スウェーデンは長細い国で、2千何百キロメートルだそうで、日本は?と聞かれて、すぐに答えられなかったけど、東京鹿児島が1400キロメートルだとすると、3000くらいかなと、適当に答えたんだけと、間違ってるかなー

オーロラは、オーロラとはいわなくて、北の光、というらしいです。

年金で暮らしているそうです。

ボーデンで乗り換えて、

いよいよ寝台車です。

三段ベッドですが、誰も同室の人はいません。

f:id:ginyushijin:20170824012610j:plain

f:id:ginyushijin:20170824012625j:plain

枕やタオルまであります。

シャワーができるみたいです。シャワールームのカードキーがあります。

18:25出発

日本でも寝台車というものに乗ったことは一度しかありません。

北海道から日本海周りで神戸に帰ったときかな。もう40年前。