VOYAGER

旅と絵とパンの物語

サンタの思い出   JAPAN か、NIPPONか  

リアラインの船の上で、 まだ東の空がしらむころ、まだオープンしていないバーのテーブルで朝日を待っていたら、隣にいたフィンランド人の青年(太っていておヒゲが長かったのでおじさんにも見えたが、多分、若い)と、いろいろお話していたら、

日本人は「ニッボン」というのに、英語では「ジャパン」というだろう?あなたはどっちが好きなの?

ときかれました。

えーっと、あまり考えたことないけど、 ニッボンかな?

と、答えましたが、

ほんとに、日本のこと、 世界がニッポンと呼ぶようにしてもいいのにね。

彼とはよく通じない英語ではありましたが、 イヌイットのことやらサンタクロースのことやら フィンランドの歴史のことやら(フィンランドは今年建国百年のお祝いをしている)いろいろお話してくれました。

サンタの赤い洋服は、実はコカコーラの広告から始まった、とか。

出会う人たちは、みんな、いつか日本へ行きたいよ、と言います。

お別れするときに

「バイバイ、マイサンター」といったら喜んでいました。