VOYAGER

旅と絵とパンの物語

チュチュとネムネム

チュチュ爺さん。


f:id:ginyushijin:20170920063800j:image

 

あまり食べないので痩せてしまったし、

 

よくにゃんにゃんなくし、

 

もうそろそろかなーと思いつつ毎日過ごしています。

 

虚弱な野良の仔猫だったのに、

17才まで生きてきました。

 

たぶん本人も望まないだろうから、お医者につれていって点滴したりするのはやめます。

 

毎日帰宅して、まずはチュチュ爺が生きてるのを確認するようになってます。

 

 

究極の旅は、天国への旅。

 

「百万回生きた猫」

この本を読んでから、猫が死ぬのは怖くなくなりました。

 

 

さて、チュチュよりも2歳くらい年上のネムネム。

 

こちらは、相棒の残したご飯をパクパク食べて、太ってきました。もともと大きな猫でしたが。

人間でいうと百歳は軽く越えてるはずなのに、まだまだこんな感じ。

 



f:id:ginyushijin:20170920070331j:image

これまで人生でお医者にかかったのは三回くらいです。

20才まで生きて表彰されるかもしれません。

 

二匹は仲良しなのかどうなのかわからない感じですが、ネムネムはチュチュがいなくなったらきっと寂しがると思います。

 

なので、チュチュも、もう少し細々と生きててくれたらいいです。